事業計画は何年分必要?

今回は事業計画は何年分作る必要があるのか、
についてお答えいたします。

ご存じの通り、融資を申し込むと銀行とのつきあいは返済が終わるまで、
すなわち、5年返済なら5年間、10年返済なら10年間つきあうこととなります。
そのため銀行側としても向こう1年間だけの事業計画だけでは不安になります。
とは言っても、今から事業を始めようとしているのに
5年も10年も先のことまで予想することは難しいと思いますし、
銀行の担当者としても10年分の膨大な事業計画書を持ってこられても
迷惑になるだけです。

そのためベストな年数は3年、少なくとも2年間は必ず事業計画を策定してください。
2~3年計画を立てることができればご自身の季節変動(売り上げのよい時期)
を理解することも可能になります。

あくまでも事業計画を策定する本来の目的は、
ご自身の事業のリスクを洗い出す作業である、ということを胸に留めておいてください。

関連記事

  1. 創業計画書の書き方

  2. 設備投資をするのに絶対必要な書類

  3. あなたの部署の評価基準は何ですか?

  4. 自己ピーアールで融資を有利に!

  5. 融資のために銀行の内部事情を知れ!

  6. 融資申込の必要書類外のもの

カテゴリー