カワニシ会計のメリット

事務所の特色を簡潔に表すならば、以下の3点に集約されます。

  • 銀行からの借入(融資申請)を仲介してくれる
  • 一ヶ月10,000円からの格安税理士報酬
  • 会社の設立から節税、融資のサポートまで会社経営の事なら何でも相談可

なぜこれらの事がメリットなのか?

画像の説明

答えは簡単です。理由は一番上の理由からです。そう、カワニシ会計は融資に強い事務所なのです。
「融資ぐらいどこの税理士事務所でも対応してくれるでしょ?」
と思われるかもしれませんが、実は融資に詳しい税理士はごく稀です。試しに検討中の税理士事務所に融資の対応についてどの程度のことをしていただけるのかご相談ください。恐らく具体性のない回答で、どれほどの実績がある事務所なのかがすぐにわかることでしょう。

融資に強いということは、あなたの会社経営に対して大きなメリットとして波及してきます。融資がスムーズにおりる、もしくは融資のスケジュールが読めると設備投資に関わる節税についてもご提案できる範囲が広がりますし、資金繰り(借り入れ返済含む)という会社経営では一番頭を悩ます問題についてもご相談いただけることとなります。

従来の税理士事務所のやり方

従来までの会計事務所は、大まかに分けて、下記の図のような流れによって顧客のサポートを行っておりました。
従来の会計事務所

上記のふたパターンをご覧いただければ分かるとおり、まずどちらが会計ソフトに入力している場合でも、最新の会計データはどちらか一方が持つだけです。これでは一方が誤って会計データを削除した場合、復旧できないリスクがかなり高くあります。

会計事務所が記帳代行を行っている場合、領収証等の証憑類が会計事務所に届かない限り、入力ができず、また顧客側も月に一度か数ヶ月に一度、会計事務所からの訪問時まで、財務状態の把握ができない状態となります。

次に自計化されている場合。会計ソフトに入力しているのは顧客側で、記帳代行を依頼している場合よりも財務状態の把握が行いやすいですが、この場合だと会計事務所の担当者が訪問するまできちんと入力ができているのか、といった不安がつきまといます。また訪問するまで会計・税務の専門家が財務状態を把握していないわけですから、すでに不測の事態に陥っている場合もあり得ます。

カワニシ会計のクラウド会計サポート

カワニシ会計では主に弥生会計データをクラウド上に保管し、24時間いつでもリアルタイムに御社の財務状態を把握することが可能です。事前準備として御社には弥生会計(どのバージョンをお使いでもカワニシ会計では対応可能です)とクラウドソフトをご使用中のパソコンにインストールしていただく必要がございます。

記帳代行している場合

記帳代行をさせていただいている場合では、従来通り領収証や通帳のコピーを郵送、またはスキャンしたPDFデータをクラウド上に保管いただくことに変わりはありませんが、その後はカワニシ会計で入力された会計ソフトの情報が瞬時に貴社でお使いのパソコンで見ることができるようになります。これが従来の会計事務所とカワニシ会計のクラウド会計サポートとの大きな違いです。

自計化されている場合

次に自計化されている場合ですが、こちらはもっとシンプルで、貴社で入力された会計データがダイレクトに遅延無くカワニシ会計で参照できるようになります。これにより週ごとのアドバイスや記帳チェック、早期の節税対策を行うことが可能となります。
度重なる打ち合わせも、カワニシ会計からご提案させていただくテレビ会議システム(skype等)なら、通信費用もかからず、いつでもどこでもご相談いただけます。