融資申込の必要書類外のもの

前回まで一通り融資申込の際に必要な書類の説明を創業計画書以外終わりましたが、
実は必須ではないものの、これ持って行った方がいい! と言うものがあります。
それは以下の3つです。

・名刺
・会社概要のパンフレット
・会社のホームページを印刷したA4用紙

さて、まず名刺ですが、これは至って常識的なことです。
そもそも融資を申し込む=利息を払うと言うことですから、
融資申込者=お客さま・・・・なんていう感覚の創業者がいらっしゃいます。
まぁ、間違いではないんですがね。ただ、売り手市場なのか買い手市場なのか、
そして力関係がどちらが強いかを判断してほしいわけです。

そもそも融資を申し込もうとしている場合、融資が下りなければ相当困るわけです。
計画している事業が立ち上げられなくなったり、設備投資の話を白紙に戻したり。
結局のところ、必要以上に卑屈になる必要はありませんが、
社会的立場から考えると、

「お客さまだぞー」

と横柄な態度だけは決してできないんですね。
なので、最低限のビジネスマナーは備えておいてください。
その最低限の内の基礎の基礎が上記の名刺です。
もちろん書類を出す際には名刺はもちろんですが私服ではあまり行かないでください。
だって、あなたがどのような方かも分からない段階でお金を貸すわけです。
いわゆる普通の取引先と同じです。
ビジネスマナーを備えていないあなたを見た場合、
お金を貸そうと思っている方はどう思いますか?

この人、売上をちゃんと伸ばしていけるのかな?
そもそも事業の立ち上げを真剣に考えてるのかな?

そう思うのは自然な流れと思います。
そうでなくとも1年2年の付き合いではありません。
5年、長ければ10年以上もの付き合いになる金融機関との取引。
ビジネスマナーを重視するに超したことはありません。
気をつけてくださいね。

あ、あとよく聞くのが「名刺を持っていない。」
まあこれから立ち上げようと思っているわけですから、
サラリーマンだったり、学生だったり、起業準備中の無職だったりすると
名刺を持っていない(勤め先の名刺しかない)というのはよくあります。
ただ、これは言い訳ですからね。
無ければ作ればいいんですよ。
外注に出しても2,000~3,000円ぐらいで作れますから。
まあ、そういう一事が万事とでも言いましょうか、
自分の事業にかける真剣さがどんなものにも形になって現れますので、
名刺一つとってもバカにしてはいけません。

提出書類の他に名刺はビジネスマナー必要ですと申し上げましたが、
それプラス以下のものもご用意ください。

・会社概要のパンフレット
・会社のホームページを印刷したA4用紙

これらはどうして必要かと申しますと、
簡単に言えばあなたがこれから融資を申し込む相手はあなたの事業のことを
ほとんど知らないからです。
つまり、あなたの事業とはこんなものです、という分かりやすい資料を
視覚的に補完できる資料が上記のようなものです。
ただ、会社を作ったばかりなのでパンフレットなんてありません、
と言う方も多いかと思いますので、パンフレットは限られてきますが、
ホームページと言えば今の時代、いわばあって当たり前、名刺みたいなものです。
しかも費用も自分で作ればほぼ無料ですが、
外注に出したとしても5~10万円ぐらいで作れます。
もし自分でも作れない、外注もできない、と言う方でも、
今ならブログやfacebookで代用もできなくもありません。
(正直、プロとしてそれはどうかと思いますが・・・。)
なので、ホームページ持ってません、というのは

「商売する気あるのか!?」

と、思われる可能性もあるわけです。恐ろしい時代になったものです。
どうせ作るわけですから、融資申請前にもう作っておきましょう。

関連記事

  1. あなたの部署の評価基準は何ですか?

  2. 事業計画は何年分必要?

  3. 創業融資アドバイザリー料金

  4. リレーションバンキング

  5. 融資の申込は面倒なのか?

  6. 融資を申し込むなら政府系融資がおすすめ

カテゴリー