「融資の相談が出来る税理士が少ないって本当?」

銀行融資というものはどのような税理士事務所でも対応できるものではありません。

弊所は融資、特に創業時や事業拡大時の融資サポートを得意とする数少ない税理士事務所です。

まさに、ネットで融資に強い税理士を探そうとしている、

あなたのための税理士事務所です。

カワニシ会計事務所打合室 カワニシ会計事務所会議室 カワニシ会計事務所内観


復興支援の無料税務相談会がテレビで取り上げられました

融資失敗100事例ブログの更新情報

カワニシ会計の基本方針

あなたの事業拡張をサポートしたい!

代表税理士の自己紹介(西葛西のカワニシです)

_DSC5331(webtop)

 申し遅れました、わたくしカワニシ会計事務所所長の河西と申します。カサイのカワニシ(河西)です。ややこしくてすいません。弊所では常々上記の方針の下、お客様をサポートしております。ここで私の自己紹介を簡単にさせていただきます。私は学生時代、いわゆる自転車小僧でした。自転車で日本一周したこともあり、共著ですが本の出版(『100人100旅』ユーフォーブックス、2009年)、までしております。どの都道府県の出身の方とでも話を合わせられることが自慢の一つです。どうでしょう、変わった人だと思われたでしょうか? 否定はしません。(笑)

 またサラリーマン時代には完全な転勤族で、入社してからというもの、神奈川県 → 愛知県 → 広島県 → 岡山県 → 千葉県 → 東京都と、様々な土地で暮らしてきました。出身の大阪府を含めるとなんと7都道府県です。開業している税理士でこれほどの広い視野を持っているものは、いないと自負しております。

資金調達をサポートする理由

画像の説明

 このように様々な土地を見てきた過程で、今までの自分の視野の狭さというものを感じずにはいられませんでした。様々な土地に住む人の考え方、生活習慣、文化等々。同じ場所での生活、同じ立場での生活を続けていると、どうしても考え方に偏りが出てしまうのは仕方のないことです。

 その一つに創業時の資金調達問題があります。今まで税理士と言う立場から、様々な起業を計画している方のサポートをしてきましたが、
「融資? 借金はしたくない。利息がもったいない。」
というネガティブというか、とにかくマイナスのイメージをお持ちの方が本当に多く見てきました。これらのイメージは多くの場合、個人が生活費を補填するために借りる消費者金融や、無計画なマイホームローンの末、リストラで返済不能になるイメージから来るものです。

 もしこれから起業しようとしている方で、「借金というのはお金に困っているから借りるもの」、そんなイメージをお持ちの方がいらっしゃるのであれば、今すぐ考え方を改めてください。会社員の方ならこの様な考え方でも大きな間違いではありません。事業で売上を増やすために行う設備投資のような出費が、多くの会社員の場合不要だからです。お金を借りてまで売上(給料)をあげる差し迫った状況が巡ってこない限り。
 確かに無借金経営というのは理想の形ではあります。しかしながら、実態はほとんどの経営者が行えていないのが現実です。なぜでしょうか? もうこの現状からも答えが出ているのですが、結局のところ自己資金だけで事業を行うのは、新規起業にしても、新規拡大にしても効率が悪過ぎるんですね。
 たとえば飲食店の場合、非常にお客さんの回転率がいい。集客も好調だ。新たに出店すれば売上も利益も倍近くになる。しかし出店するには1,000万円必要だ。もしこれを自己資金でまかなおうとするならば、今あるお店の年間利益が200万円(給料・税金控除後)だとすると、5年間出店を見送らなければならなくなります。多くの経営者はこの5年間に発生する利益と利息の差額がもったいないと感じるわけです。
 このように、サラリーマン時代のマイナスイメージを引きずったまま、多くのビジネスチャンスを逃している方をサポートしたい、というのが事業融資をサポートする原動力となっております。

お金を借りるんだからリスクがあるでしょ?

画像の説明

 上記のような質問をよく受けます。結論としては「当たり前」です。仮に融資を受けなかったとしても起業するだけでリスクはつきまといます。サラリーマンの方ならその会社で将来得られたキャリアと役職ポストの可能性を捨てることになりますし、事業を興せばすべては自分の責任。お客さまに迷惑を掛けて損害賠償請求されても、負担するのはすべて自分自身となります。安定した生活費もまかなえなくなるかもしれません。
 もちろん融資を受けた場合、これにプラスして融資返済と利息支払いの発生、担保としてマイホームを抵当に入れていれば差し押さえ、連帯保証人になれば、法人名義でも自己破産するまで逃れられません。

 事業を興すことを決めれば、「リスクなんてものはすべて受け入れてやる!」ぐらいの覚悟がなければ、はっきり言ってお薦めいたしません。また、私がサポートした融資だからと言って、当然のことながら返済不能になっても責任は持てません。しかし、これらのようなリスクを最低限になるような事業計画を作るサポートはしっかりさせていただきますので、覚悟ができた方、目の色が変わった方、腹を据えた方は是非ご連絡ください。最大限にサポートさせていただきます。
 連絡は、直接お越しいただいても構いませんし、まずは試しに・・・という方はスカイプでの無料相談を行っておりますので、電話では物足りない方、顔を見て話がしたい方、弊所まで足を運ぶ時間がない方は是非ご検討ください。
 ちなみに、よく顔を出すのが恥ずかしいとおっしゃるお客様がいらっしゃいますが、ご心配なく。5分で慣れます!

事業融資サポートをお断りする場合

 融資サポートをする、と申し上げてはいますが、どのような方にもサポートするわけではありません。こちらも日頃からお付き合いのある金融機関宛に紹介状を書く以上、以下のような明らかに問題がある方には融資サポートをお断りしております。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

金融業、投資業、風俗営業等の業種を営む予定の方(日本政策金融公庫の融資対象業種外のため)
遠方(東京都23区と一部千葉県在住以外)にお住まいの方(綿密な打合せを頻繁に行うため)
税金を滞納されている方
他人が使うために借りようとしている方
他の借金(消費者金融等)返済へ充当するために借りようとする方
すべて人任せにしようと考えている方(ご自分の事業です。税理士は外注業者ではありません)
その他、明らかに返済の意思が見えないような方