【新・持続化給付金】2019年の確定申告に雑所得・給与所得として申告してしまったフリーランスの方も申請可能に!支援対象事業者が拡大。

コロナの影響で売上が激減した個人事業主が最大100万円受け取れる持続化給付金。
取引先や税務署からの指導により給与所得や雑所得として申告していた
実質事業主さんやフリーランスの方は、今まで申請ができませんでした。
しかし、このたびの第二次補正予算にて申請対象者が拡大。
どのような算定式で計算されるのか、動画にて説明しました。

関連記事

  1. 【持続化給付金】実例11件を紹介!申請から受給まで何日かかるのか検証し…

  2. 【雇用調整助成金】ついに1日上限額が8,330円から15,000円へ増…

  3. 【雇用調整助成金】100%支給と法律最低限の60%支給、どっちが得?

  4. 【新・持続化給付金】2020年開業特例!税理士の売上確認が無料で受け付…

  5. 持続化給付金〜駆け込み開業届で100万円もらえる!?〜

  6. 【持続化給付金】初の逮捕者!税理士がその手口を解説。悪用厳禁。