【家賃支援給付金】詳細発表!7/14から申請開始。駐車場代も対象になり、持続化給付金の対象事業者はもらえる可能性大!支給方法や支給金額の計算方法など、概要を説明。

5月以降の緊急事態宣言延長を経済的に支えるための家賃支援給付金。 噂ばかりが一人歩きしていましたが、ようやく詳細が発表されました。 申請開始日は2020年07月14日(火)から。 持続化給付金を受給できた事業者であれば、かなりの確率で受給できそうです。 新型コロナの影響により5月〜12月分の売上高が激減した事業者が対象。 詳しく概要を説明します。

関連記事

  1. 【持続化給付金】初の逮捕者!税理士がその手口を解説。悪用厳禁。

  2. 【新・持続化給付金】2020年設立法人も、2019年売上ゼロ法人も申請…

  3. 【持続化給付金】税理士が解説!不正受給で捕まる人の特徴と通報の方法。

  4. 【雇用調整助成金】100%支給と法律最低限の60%支給、どっちが得?

  5. 雇用調整助成金〜助成率90%の真実〜

  6. 家計簿は作るな!税理士が教える誰でも1,000万円貯金できる方法