【持続化給付金】こんな架空人件費はバレバレ!脱税経費第2弾。受給で利益を圧縮するためのよくある脱税手法

持続化給付金で200万円、100万円といったまとまった受給があった場合、 思いがけず決算で利益が出てしまう場合があります。 こんなとき架空経費をでっち上げて利益を圧縮しようと考えがち。 しかし、プロから見たら素人の架空経費はすぐにバレます。 そんなバレバレの架空経費を説明しています。 前回外注費の脱税手法を説明したので、今回はその人件費版です。

関連記事

  1. 【雇用調整助成金】100%支給と法律最低限の60%支給、どっちが得?

  2. 【新・持続化給付金】2020年設立法人も、2019年売上ゼロ法人も申請…

  3. 【新・持続化給付金】2020年開業特例!税理士の売上確認が無料で受け付…

  4. 持続化給付金〜こうすればもらえない!〜

  5. 【持続化給付金】こんな架空経費はバレバレ!受給で利益を圧縮するためのよ…

  6. 【持続化給付金】初の逮捕者!税理士がその手口を解説。悪用厳禁。