融資失敗事例03:過去に自己破産経験あり

当カワニシ会計事務所にはいろいろな方の相談が寄せられます。
タイトル通り、「過去に自己破産経験」のあるかたも珍しくありません。

まぁ、10年も20年も昔であるならば、自己破産を経験していると言うだけで
色眼鏡で見られることも多かったと思いますが、
現在ではデメリットもかなり少なくなりました。
2005年の会社法改正により、自己破産を経験していても
会社の役員に就任することもできるようになりました。
また、自己破産してから10年も経っているとほとんどの情報は
個人情報保護法に守られ、第三者に漏れる心配はなくなっています。

ただ、だからといって銀行側からしてみれば他の方よりも
リスクを大きく考えられる方も多くいらっしゃいます。
私が関与していた自己破産経験者も、いろんな方法で情報を調べてみましたが、
すでにどのような情報源からも自己破産した情報は得られなかったので、
問題ないと思い融資の話を進めていたのですが、
その関与していた方が運悪く、自己破産直後に銀行へ融資を申込みしていたことが
その融資先の情報として残っていたため、
過去の金融事故が明るみとなったことがありました。

過去に自己破産経験があるというだけで融資サポートをお断りすることはありませんが、
このようなリスクがあることも重々ご承知ください。

関連記事

  1. 融資失敗事例13:まともな職歴がない

  2. 融資失敗事例08:ノンバンクからの借入がある

  3. 融資失敗事例16:退職直後なのに自己資金がゼロ

  4. 融資失敗事例17:領収証が怪しい

  5. 融資失敗事例04:融資希望額が多い(新規融資の場合)

  6. 融資失敗事例06:融資返済を踏み倒した過去がある